小倉優子が早稲田大学教育学部を受験予定!合格の可能性は?併願校も予測!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

小倉優子さん(ゆうこりん)が7月27日に離婚を発表されました。7月26日に来年大学受験をするが今の勉強効率が悪いとインスタグラムで発表されていたので「離婚=受験専念」とも考えられますね?合格の可能性を検証しつつ、併願受験する大学も予測します。

ちなみに現在38歳のゆうこりんですが、受験の時には39歳、合格して2023年4月から新入生になったとして卒業するのは2027年3月ですから、その時は43歳です。

受験や大学生活をするには年齢が高いと思われがちですが、最近は芸能人の方々が仕事や育児に落ち着いて改めて勉強を頑張られる方も増えてきて素晴らしいことだと思います。

水野真紀さんのように、ゆうこりんにも頑張ってもらいたいですね!

スポンサーリンク
目次

小倉優子が早稲田大学教育学部に合格する可能性は?

もし、小倉優子さんが「早稲田大学ってなんかカッコいい!」というイメージだけで選ばれていたら、合格は不可能でしょう。

しかし、「100%!アピールちゃん」(MBS)番組企画で大学受験をすることを決められました。

そして、西岡壱誠さんという大学受験の為に家庭教師をつけて頂いています。

この西岡壱誠さんが、受験先として「早稲田大学教育学部」を選ばれたので合格の可能性はあります。

西岡壱誠とは何者?

さて西岡壱誠さんは小倉優子さんの家庭教師をされていますが、何者なのでしょうか?

実は、現役の東大生です。

この方は、ご自身で勉強方法をあみだし、偏差値を35から70に伸ばして2浪して東京大学文化Ⅲ類(経済学部)に合格されています。

しかも、あの「ドラゴン桜2」の監修も担当されたり、「スマホ学園」というYouTubeチャンネルで学習指導もされています。

つまり、ただ頭が良いだけでなく、

勉強が苦手な人を伸ばす方法を自身の体験と指導の経験で熟知している
勉強が苦手な人の気持ちもわかる
ドラマ監修で実践的な感覚もある
YouTubeチャンネルで学習指導も慣れている
現役東大生ということでつい最近受験を経験したばかり

このように、西岡壱誠さんは受験のスペシャリストであり、小倉優子さんに「早稲田大学教育学部」を推薦したのにも戦略的な理由がありました。

西岡壱誠が早稲田大学教育学部受験を小倉優子に勧めた理由?

西岡壱誠さんが小倉優子さんに「早稲田大学教育学部」を勧めた理由は、

偏差値の高い大学を目標にしておけば、あとで希望校が変更可能(ランクダウンも自由)
早稲田大学教育学部の試験は「4択問題」(記述ではなく選択肢)

と述べておられます。

早稲田大学教育学部は偏差値65と私立大学の中では最高峰ですので、ここを目標に受験勉強をすれば「偏差値の低い大学」への志望校変更や併願受験といった幅広い戦略が立てれます。

また、選択肢の方が記述式よりも「微妙な記憶」の際に、正解を選ぶ可能性が一気に高くなるので、受験校選択としても良い戦略と言えますね。

教育学部を選んだ理由は?

小倉優子さんが大学受験をしたいと思ったのは、

「世界情勢や環境問題などを子供達に教えたい」

といったものでしたので、「教育学部」という人に物を教えることを専攻できる学部はベストチョイスですね。

また、受験科目は私立文系なので3科目(英語・国語・社会)で、正確には・・・

外国語(英語・ドイツ語・フランス語から選択)
国語(国語総合・現代文B・古典B)
地理・歴史・公民(世界史B、日本史B、地理B、政治経済から選択)

となります。

西岡壱誠さんが小倉優子さんに勧めた受験の選択科目は・・・

英語(当然ですね)
国語
現代社会

と王道科目でした。

小倉優子は早稲田大学教育学部に合格できる?

小倉優子さんは最後に勉強してから20年ほど経過していますので、中学レベルの勉強も厳しい状況です。

しかし、西岡壱誠さんは、

1週間で15時間の勉強時間

が確保できれば、

合格できる!

と太鼓判を押しました。

子供が3人いて育児も大変ですし、お仕事もお忙しいですから、

平日は1日1時間、土日は5時間ずつ

がコンスタントに確保できれば条件を満たします。

なかなか厳しいですが、小倉優子さんの大学受験に対しての思いは「かなり気合の入った」ものですので達成できる可能性は高いでしょう。

小倉優子が早稲田大学教育学部と併願する大学は?

西岡壱誠さんは、「小倉優子さんは早稲田大学教育学部に合格できる可能性は高い」とおっしゃっていました。

ただ、同時に、「偏差値の高い大学を目標にしておけば、あとで希望校が変更可能」ともおっしゃっていましたよね?

小倉優子さんが合格圏の偏差値65に届かない場合や、届いたとしても「受験は水もの」というように必ずしも100%の力が発揮できない場合もあります(体調や問題の当たり外れなど)。

となれば、西岡壱誠さんは「併願受験」を勧めてくる可能性があると推測します。

とはいえ、現役高校生や若い浪人生のように時間が豊富にあるわけでも無いですし、3人の子育てもあります。

なので併願する場合は早稲田大学を含めても3つぐらいではないでしょうか?

東京にある私立で教育学部を受験、そして受験日が被らない大学となると・・・

立教大学
明治大学
中央大学
法政大学
学習院大学

の「GMARCH」が次のレベルとしては考えられます(青山学院大学は日程が被るので除外)。

もし小倉優子さんが偏差値60~65ぐらいに到達していれば、早稲田大学と上記から2つほど選んで併願受験されるかもしれませんね。

また、「1週間で15時間の勉強時間」が確保できず(現実的には難しい)、偏差値が55前後だったとしてもいい大学はたくさんありますので、小倉優子さんの「勉強したいという願い」を叶えることは問題ないでしょう。

小倉優子が大学受験をする理由?

「100%!アピールちゃん」(MBS)番組企画で大学受験を考えるようになった小倉優子さんですが、番組のノリで終わらずに真剣に大学受験をされるのはなぜでしょうか?

小倉優子さんは10代から芸能活動をされ、2度の離婚を経験されましたが、3人の子供を育てる立派な母親です。

そんな彼女が頂いた気持ちは・・・

子供達の為に
自分の将来の為に

というのが大学受験に真剣に望む理由だそうです。

子供達の為に

小倉優子さんの長男は現在小学生で、英語の宿題などで添削を手伝われているそうです。そんな時、

小倉優子さんが「(答え)間違ってるよ」と指摘しても、長男は「(これで)あってるよ!」と反論されるそうです。

子供はとにかくこう言ってくるものなのですが、小倉優子さんは

「自分の答えがあってるかどうか自信が無くなる・・・」

と思われるそうです。

非常に真面目な方ですよね。

自信を持って、子供達の勉強をみてあげたいと思い、

「もっと勉強したい!」

という気持ちが芽生えたそうです。

自分の将来の為に

また、小倉優子さんは大学受験は「自分の将来の為」ともおっしゃっていました。

小倉優子さんは「100%!アピールちゃん」(MBS)の番組中に、

大学生活4年と受験期間の1年、合計5年間頑張れば、この先の自分の人生が必ず違う

と話されていました。

小倉優子さんは、大学に進学されています(法政大学はデマ)。

ただし、芸能人として成功し忙しくなった為、その大学は中退されました。

仕事も現在順調にされているので素晴らしいことなのですが、ご本人は「子を持つ親」として「胸をはって勉強を教えたい」と思うようになられたのではないでしょうか?

また、「大学受験」を通して得た知識や勉強方法は、子供の為にもなりますし、「大学生」として学業を終了されれば、新たなキャリアを開くことにもなります。

スポンサーリンク

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる