【時系列】ゆうこりん(小倉優子)、2回の結婚・離婚歴とその理由を紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

2022年7月27日、小倉優子さんが夫の島弘光さんとの離婚を発表されました。別居報道が出たり、大学受験の話が出たりと夫婦仲の修復はできなかったようです。今回は、今までの結婚・離婚歴やその理由をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
目次

【時系列】小倉優子の結婚・離婚歴

小倉優子さんの今までの結婚と離婚を時系列でまとめてみましたのでご覧ください。

  • 2010年11月9日(27歳)菊池勲さん(美容師)との交際発覚
  • 2011年10月7日(27歳)菊池勲さんと結婚(同年11月ハワイで挙式)
  • 2012年6月5日(28歳)長男出産
  • 2016年8月3日(32歳)菊池勲さんと馬越幸子さん(小倉優子さんの事務所の後輩)の不倫発覚
  • 2016年11月18日(33歳)次男出産
  • 2017年3月3日(33歳)菊池勲さんと別居期間を経て離婚成立
  • 2018年6月(34歳)島弘光さん(歯科医師)と交際発覚
  • 2018年12月25日(35歳)島弘光さん(歯科医師)と結婚
  • 2020年3月11日(36歳)第3子妊娠中、島弘光さん(歯科医師)と別居
  • 2020年7月22日(36歳)三男出産
  • 2021年2月(37歳)島弘光さんの歯科医院の近くに引っ越しと報道
  • 2022年7月27日(38歳)島弘光さん(歯科医師)と離婚発表

小倉優子さんの12年間を振り返ってみましたが、その間に2度の結婚・離婚と男の子3人を授かっていますね。

菊池勲さんとの離婚理由

小倉優子さんが第2子を妊娠中に、菊池勲さんが不倫していたのが離婚の理由です。

妻が妊娠中に他の女と・・・、これは許されない行為ですよね?

しかも不倫相手が、小倉優子さんの事務所の後輩である馬越幸子さんというのも許されないことだと思います。

それでも小倉優子さんは、

「今後の生活や夫婦関係を見つめ直すキッカケにしたい」

と結婚生活を継続する意思を見せていました。ところが・・・

「菊池勲さんの生活態度に改善が見られず、別居期間を経て離婚した」

と言われています。

菊池勲さんは小倉優子さんとは再婚で、一回目の結婚相手は元モデルの女性でした。

しかし、菊池勲さんの不倫が原因で離婚していたそうなので、もうそういう性格なのでしょう。

ちなみに余談ですが、事務所の先輩の夫と不倫関係になった馬越幸子さんは、不倫発覚後、事務所を解雇されています。

島弘光の離婚理由

小倉優子さんが歯科医師の島弘光さんと離婚に至った経緯は、

ゆうこりんのテレビとイメージのギャップ

と言われています。

歯科医院を経営している島弘光さんとしては、小倉優子さんに事業のサポートを専業主婦としてして欲しかったのではないでしょうか?

島弘光さんの歯科医院は芸能人も来られるほど評判も良く、経営が順調だったので院長としても大変だったと思います。

そこで、小倉優子さんに、

芸能界を引退してくれ

と迫ったそうです。

これに対して、小倉優子さんは

人間が小さい

と島弘光さんを罵った為、別居に至ったと言われています。

島弘光さんは小倉優子さんに対して抱いていたイメージは、

ほんわかとしてお願いを聞いてくれそう

だったようですが、実際は

結構気が強く、自分の意思を曲げない

というしっかりした気性でした。

まあ、芸能界で生き延びて来られたのですから、小倉優子さんが本当に「ほんわか」しているはずはないのですがテレビのキャラを現実と誤解される方も多いですよね。

実際のところは、

繁盛している歯科医院の院長として妻にサポートして欲しい
芸能人として成功しているから自由に続けさせて欲しい

というお互いの仕事の状況が、二人の気持ちを離したのではないでしょうか?

それでも小倉優子さんが妊娠中に、家を出て行った島弘光さんの行動にも疑問は残りますが、精神的に追い詰められていたのでしょう。

その後、小倉優子さんと島弘光さんは「離婚調停」で以下のような状況でした。

代理人を通してのみやり取りをする
島弘光さんは長男・次男との養子縁組解消を希望

島弘光さんが離婚したい意思はとても強かったようです。

島弘光さんとしては、

ほんわかしたゆうこりんとラブラブ新婚生活

を夢見ていたのが、

芸能人として仕事バリバリ
連れ子が二人いて新婚感が無い
妻は妊娠中

と理想とはかけ離れた生活に疲れてしまったのでしょう。

小倉優子さんには「決定的な有責行為」(DVや不倫、浮気)がないので、離婚に同意する義務はありませんでした。

しかし、あまり長い別居生活は子供達の教育にも良くありませんし、2023年の早稲田大学教育学部への受験勉強に専念する為にも、この争いに終止符を打ちたかったのではないでしょうか?

ちなみ小倉優子さんの小学校から大学中退までをまとめた記事で、「法政大学中退はデマ」が紹介されています。

スポンサーリンク

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる