【SnowMan素のまんま】ラジオメール送り方や採用されやすい書き方紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

ジャニーズ事務所所属のSnowManがパーソナリティーをしている「SnowManの素のまんま」(文化放送)にラジオメールを送るスノ担は多いと思います。ただ採用されるにはコツがあります!

今回は、ラジオメールを送ろうと思っている方や、送っているけど「採用されたい!」と願っているスノ担の為にノウハウを紹介致します。

目次

SnowManの素のまんま」とは

このラジオ番組は文化放送(FM91.6/AM1134)毎週木曜日午後9時から30分間放送されています。

メインパーソナリティーはSnowManのメンバーから2名が選ばれています(以前は3名でしたが新型コロナの感染対策の為に減らしたとか)。

ちなみに、Twitterで毎週木曜日にメンバーの誰が担当するのかをチェックできます。

このラジオ番組は主に2つのコーナーから構成されています。

「素の告白・私、実は・・・」

リスナーのみなさんから募集していた告白(あまり人に言えない内容や悩み事相談)をSnowManが読み上げて「あーでもない、こーでもない」と和気あいあいと議論するコーナーです。

「素の会議」

リスナーのみなさんが「Snow Manのメンバー同士で討論してもらいたい」内容を応募してもらい、それについてSnowManがあれやこれやと話しあいます。例えば、「初デートにおすすめの場所は?」とか「どんなダイエットがオススメ?」などです。

ラジオメールの送り方は?

メール送信

メールで送る場合は、「snowman@joqr.net」で送れます。

Twitterで送る

Twitterで送りたい場合は、「@snowman_ssw」で「#素のまんま」の推奨ハッシュタグをつけて投稿してください。

文化放送のHPから送る

文化放送の公式サイト「https://www.joqr.co.jp/qr/program/snow/」から送れます。

ハガキを郵送する

昔はラジオといえばハガキで、「ハガキ職人」なんてのもいましたが、今でも送る方はいるようです。

送り先は、「〒105-8002 文化放送 素のまんま 御中」になります。

採用されやすいラジオメールの書き方は?

ラジオメールの書き方ですが、誰がこれを採用しようと決めているかが重要です。

実はSnowManのメンバーが選ぶのではなくて、ラジオ番組のスタッフの方々(その道のプロ)がSnowManが好きそうだったり、話しやすそうだったり、といった内容を大量のお便りの中から選んでいるのです。

ハガキ時代だと、「角をマーカーで囲む」といった目立つ行為がいいとされていましたが、メールやTwitterではそうもいきません。

まずは文頭に「文化放送 Snow Manの素のまんま ご担当者様(或いは、御中)」と書きましょう!これはラジオ番組のスタッフ宛ですし、きちっとした宛名が採用される最低条件です。

次に、簡単な自己紹介を書いてください。「〇〇県〇〇市 在住、ラジオネーム〇〇〇〇」といった感じで大丈夫です。本名を呼んでもらいたい場合は、本名OKと記載しておきましょう。

ここで大事なのが、このラジオネームです。ラジオ番組のスタッフも「おっ!」と思うようなラジオネームだと選びやすくなり、SnowManのメンバーも特徴のあるラジオネームだと番組内でネタとしていじれるからです(ただし、面白くても公序良俗に反するものは止めましょう、まず選ばれませんから)。

王道だと「SnowManファン歴10年」(なんで結成より長いねん!)とか、「ミルキー大好き!」(不二家がスポンサーなので)とか、なんでもいいです。

そしてなんといっても、ネタ文章が重要です。初めて投稿される方は、ラジオネームの前に「読まれたら初採用です!」といれてみましょう。そして、「SnowManのみなさん、こんばんは!毎週楽しく聞いています。実は今〇〇で悩んでいて・・・。どうしたらいいでしょうか?SnowManのみなさんのご意見が聞きたいので、よろしくお願いします。」と書いて見ましょう。

前後は定型ですが、読みやすくしておいた方が採用されやすいです。後は、どういったネタを選ぶかで勝敗が決まるので、ここからはみなさん次第です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「【SnowMan素のまんま】ラジオメール送り方や採用されやすい書き方紹介!」をご紹介させて頂きました。

読みやすく書くという基本が採用への近道で、後は旬のネタや不二家絡みなんかもいいかもしれません。

でも、何より大事なのはみなさんが本当に相談したいことを書くのが一番ですよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる