【小室眞子】体型変化から懐妊の噂!妊娠・出産は日本か、アンカーベイビー狙いでアメリカか?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

小室眞子さんが懐妊しているとウワサされています。「病院に通院してる」や「お腹が・・・」などと話題です。もし出産となれば、日本帰国かアメリカでされるのか?アンカーベイビーの可能性も考察します。

目次

小室眞子さんが懐妊か?妊娠のウワサが出た理由

小室眞子さんが、「妊娠されたのでは?」とウワサされていますが、なぜそう言われるようになったでしょうか?

ニューヨーク移住後の体型変化

小室眞子さんが日本で最後にお姿を見せられた「結婚会見」では、

痩せてスラっとした体型

でした。

週刊誌は「服のサイズが合わなくなるほど痩せた」と報道していましたが、心労によるものだったのでしょうか。

ニューヨーク移住後、小室眞子さんの体型が

ふっくらしているように見える

と言われています。

着ている服が「ゆったりとしたもの」が多い為、

「妊娠したのでお腹の為にゆったりとした服を着ているのでは?」

とウワサされたのが、元々「妊娠されたのでは?」の根拠となっているようです。

食生活が違うので、単純に体重が増加した可能性も否定できませんが・・・(経験上、ニューヨーク生活で4カ月で30kg増えたことがあるので)。

ニューヨークにある大学病院に通院

2022年4月、小室眞子さんが、

コロンビア大学付属病院(ニューヨーク)に複数回通院している

と週刊誌が報道しました。

小室眞子さんは以前から「複雑性PTSD」を患っていたので、その為の通院である可能性が高いと考えられていました。

しかし、デイリー新潮の記者は・・・

心身の状態はかなり安定しているので通院の可能性は低い
誰か知り合いのお見舞いの可能性も無い事はない
ご懐妊に関連した通院の可能性が比較的高い


(引用元:デイリー新潮

と述べています。

ご自身の病気でもなく、お見舞いであれば複数回はあまりないですし、消去法的ですが「懐妊」の可能性というのが高くなりがちですよね。

子供は、可能なら3人は欲しい

小室眞子さんは年齢的には自然と妊娠されても問題ないとは思われますが、今後のことも考えて色々とご相談に行かれたのかもしれません。

実際に、デイリー新潮が報じたところによれば、

ご懐妊の兆候ではなく、前段階の様々な準備も含めて
眞子さんは子供を2人、可能なら3人は授かりたいという思い


(引用元:デイリー新潮

渡米前に病気を患っていましたし、生活環境の変化や、30代になられて体調も変わったことなど、妊娠・出産に向けて万全の準備をされたいというお考えが今回の通院になったと推測されます。

小室眞子さんの出産、日本かアメリカ合衆国か?

現在、小室眞子さんは、ニューヨークの法律事務所に勤務しながら司法試験に挑戦中の夫・小室圭さんとニューヨークで一緒に暮らしています。

もし出産となった場合、日本へ一時帰国なのか、それともアメリカで出産されるのか?

日本一時帰国で出産の可能性?

里帰りではないですが、慣れた日本、そして費用の面からも日本に一時帰国して出産という選択肢もでてきます。

小室眞子さんご自身は「宮内庁病院」でお生まれになられましたが、既に「皇室を離脱されている」ので同じ病院で出産は無いですね。

もし、日本に一時帰国されて出産される場合の候補としては、次の3つの病院が可能性が高いと言われています。

愛育病院
山王病院
聖路加国際病院

この3つの病院は東京にある、

芸能人・著名人御用達の産婦人科病院

として有名です。

山王病院は、二宮和也さんの妻・伊藤綾子さんが出産された病院としても有名です。

ただ可能性として高いには、「愛育病院」だと言われています。理由は・・・

紀子さま(小室眞子さんの母)が総裁
悠仁さま(小室眞子さんの弟)が生まれた

という背景から言われています。

アメリカでで出産の可能性?

小室眞子さんがアメリカで出産される場合は、以下の2つの病院が可能性が高いと言われています。

コロンビア大学病院
ニューヨーク・レノックスヒル病院

この2つの病院は、小室眞子さんのご自宅から近く、日本人の産婦人科の先生がいて安心できる点です。

コロンビア大学病院

常盤真琴先生という女性の産婦人科医がおられ、評判も非常に高いそうです。

ニューヨーク・レノックスヒル病院

こちらの病院には、安西弦先生というベテラン医師がおられるそうです。

ニューヨーク在住の多くの日本人女性がこちらで出産されたそうです。

ただ、小室眞子さんは英語が堪能なので、評判さえよければ日本人の先生がいない病院でも問題ないとは思いますが。

出産費用がケタ違い!日本 vs アメリカ

日本の出産費用も高いと聞いていますが、アメリカは更に上をいくそうそうです。

ちなみに余談ですが、イギリスの出産費用は居住者であれば無料です。

出産費用(日本)

出産費用は40~50万円ぐらい(普通分娩)と言われていますが、国民健康保険に加盟していれば「出産育児一時金」」として42万円が国によってカバーされます。

よって、最終的な負担額

0~8万円

となります。

出産費用(アメリカ)

アメリカは医療費が高いことで有名ですが、出産費用もメッチャ高いです。

普通分娩の場合、

約1,5000ドル = 約200万円以上

となります。

しかも、国民健康保険制度が無いので、全額負担です(民間保険会社と契約しカバーする必要あり)。

小室眞子さん、「アンカーベイビー」でアメリカ永住の可能性?

前述した内容だと、小室眞子さんは出産する際は

日本に一時帰国して出産

という選択肢が濃厚のように感じますね。

ただ、それでもアメリカで出産するメリットがあるのです。

それが、「アンカーベイビー」です。

アンカーベイビーとは?

「アンカーベイビー」とは正式な言葉ではなく、いわゆるスラングです。

アメリカ合衆国憲法は、

親が不法移民であろうと
短期の外国人旅行者であろうと

アメリカ合衆国領土で生まれた赤ちゃんに

自動的に市民権

を与えます。

その子供が成長して21歳になると、船が錨(Anchor)を下ろすように基点となって

家族をアメリカ合衆国に呼び寄せることが可能

なので、「アンカーベイビー」(Anchor Baby)と言われます。

小室眞子さんは「アンカーベイビー」狙いで出産?

小室眞子さんも夫の小室圭さんもニューヨーク生活を大変気に入られているので、

アメリカ合衆国に永住

が理想的でしょう。

ただ、今すぐにでも「滞在ビザ」「就労ビザ」が必要なので、

21年間

も待っているわけにはいきませんし、お立場上

隠れて不法滞在

などできるはずがありません。

となると、「アンカーベイビー」狙いであれば、アメリカで出産後、ビザが切れれば日本へ帰国し21年待つということになります。

布石として、或いは、子供の将来のことを考えて、「アメリカで出産」はあり得るでしょうが、「アンカーベイビー」狙いというのはちょっと可能性は低そうですね。

スポンサーリンク

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる