【小室圭】NY州司法試験3回目の日程や結果発表はいつ?合格の可能性を推測、今後の行方は帰国か在米かを検証

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

小室眞子さんの夫・小室圭さんがニューヨーク州司法試験に3度目の挑戦をされましたね。気になる結果発表日合格率から合格の可能性を推測します。また、今後の行方は、帰国するのかアメリカに残るのかを検証します。

目次

NY州司法試験3回目の日程や結果発表はいつ?

NY州司法試験3回目の日程

小室圭さんが受験された3回目のニューヨーク州司法試験ですが、日程は

2022年7月26日(火)
2022年7月27日(水)

の2日間でした。

NY州司法試験3回目の結果発表日

小室圭さんが受験された3回目のニューヨーク州司法試験の気になる結果発表の日ですが・・・

2022年10月末頃

を予定しています。

ちなみに過去5年間の「7月実施のニューヨーク州司法試験合格発表日」ですが・・・

  • 2017年10月24日(火)
  • 2018年10月23日(火)
  • 2019年10月23日(水)
  • 2020年10月:パンデミックによるリモート試験
  • 2021年10月28日(木)

以上のように2020年の例外を除くと、週中(火~木)の発表が多いですね。

ここから推測すると・・・

2022年10月25日(火)
2022年10月26日(水)
2022年10月27日(木)

のいずれかの可能性が非常に高いです。

さて、「サクラサク」なのかそれとも・・・。

NY州司法試験3回目の合格の可能性を推測

ニューヨーク州司法試験の合格率は?

小室圭さんが受験されたニューヨーク州司法試験の合格率ですが

初回合格者が全体の受験生の78%

「いきなり一発目」で合格してしまう人が多いようです。

その内訳ですが、

外国人の合格率は46%

と結構、高い合格率ですよね?

ただ、外国人に

イギリス人・カナダ人・オーストラリア人・ニュージーランド人などの英語圏の外国人
シンガポール人・マレーシア人・フィリピン人やヨーロッパの人々のような英語が第二母国語レベルの外国人

も含まれている可能性は高いので、日本人のように英語が第一外国語の外国人にとっては、

言語の壁

があると言わざるを得ません。

ただ、小室圭さんはフォーダム大学の学生でしたので、この「言語の壁」があるとは思えません。

なので、純粋に

「司法試験に合格するのに必要な法律の知識」

が足りていなかったと言えるでしょう。

ニューヨーク州司法試験の再受験の合格率は?

「一度目で受からない」

というのは、かなり不利な状況に働きます。

再受験で合格する為には、1回目以上の勉強をしないとまた落ちるわけですが、仕事をしながらの受験勉強となると、

「時間の確保」

が一番の障壁となってきます。

実際問題、

再受験者の合格率は18%

と非常に低いものとなっています。

これはアメリカ人も含みますので、外国人、更には、非英語圏の外国人の合格率はもっと低くなるでしょう(2%?)。

小室圭、ニューヨーク州司法試験3回目の合格の可能性は?

小室圭さんは、2回目の受験で残念ながら不合格になった際には、奥野善彦弁護士(留学などの支援をして頂いている方)に

「合格点に5点足りず、とても無念です」
「次は、(2022年)7月に挑戦します」

と決意表明をされていました。

この当時は、2回目も落ちたので

「3回目受験するというのはリップサービスで実際は受けない」

という推測もでていました。

しかし、小室圭さんは今回3回目に挑戦されました。

受験費用もただでは無いですし、自信が無ければ受験しなかったでしょう。

また、前回5点足らなかったということは、今回可能性としては、

合格!するかもしれないレベル

はあると推測できます。

ちなみに日本の司法試験は2%ちょっとですから、まあ可能性はゼロではないでしょう。

今後の行方は帰国か在米かを検証

さて、小室圭さんの今後の行方はどうなるのでしょうか?

現在の法律事務所に勤務継続

小室圭さんは、現在の法律事務所には「弁護士になることを前提」として入所しました。

しかし、司法試験に2回落ちた現在も雇われているようです。

今回、3回目の司法試験で合格すれば晴れて、「ロイヤーライフ」が待っています。

もし、3回目の司法試験も不合格だった場合は、解雇されてしまうのでしょうか?

現在与えられている職務は、

弁護士の業務補佐(パラリーガル)
各種雑務(コピー、郵便物・宅配物の受け取り)

といったいわゆる雑用係です。

勤務は週3日となっていてフルタイムの60%ですので、給与はかなり安いと推測されます。

弁護士を諦めて、方向転換?

前述したように、3回目の司法試験も不合格だった場合は、別の仕事への道を模索する可能性も高いです。

小室圭さんも生活がありますし、プライドもあるので、「雑用係」をこれ以上続けるのは難しいでしょう。

ウワサでは、

「会社を興して、自分を社長にしてくれないか?」

と外務所に対して要求したとか?(国民の税金ですよ?)

また別のウワサでは、

「国際連合職員」か「投資家」

に転身するという報道も出たりと、不安定な状態にあるようです。

アメリカでは、

日本のように法学部は無いので、色々な学部の人がロースクールに入学

と、法学部出身者以外が司法試験を目指します。

なので、小室圭さんのように「国際基督教大学教養学部出身」と法学部とは関係ない人でも、アメリカでは普通です。

ただ、「会社社長」とか「投資家」は経験が無いのにどうなのでしょうか?

いっそ、企業家としてやっていくのも手かもしれません。

経済的に厳しい?

小室圭さんと小室眞子さんがお住いのニューヨークのご自宅ですが、

家賃は月々、約55万円

と言われています。

小室圭さんの収入は、

月収:約50万円
年収:約600万円

と言われていて、家賃だけで既に支出が収入を越えています

頼りは、一時金1億4,000万円を辞退したので、小室眞子さんの貯金となります。

しかし、上皇ご夫妻が、初孫である小室眞子さんをご心配され・・・

「結婚祝い」:1,000万円
「生前贈与」:1,800万円(毎年)

という巨額の経済的支援をされているという報道もあります(真相は不明ですが)。

なので、ニューヨークでの生活でも経済的に困窮する可能性は低いですね。

日本へ帰国の可能性?

一時期は、「ビザの有効期限切れ」の問題があり、「日本へ帰国か?」と騒がれました。

しかし、日本総領事館の手厚いご支援のおかげで、「就労ビザ問題」がクリアになったそうです。

小室眞子さんは、

「絶対に日本には帰りたくない」

と強いご意思をお持ちです(日本だと色々と気を使われるので)。

また、小室圭さんも、小室眞子さんと二人でニューヨーク在住の日系の知人に会った際に、

「ニューヨークに来て本当に良かった。私たちは今が、一番幸せ」

と語っていたようですので、お二人とも

「ニューヨークに絶対いる」

というお考えですので、日本に帰国する可能性はかなり低いようですね。

スポンサーリンク

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる