最年長89歳!斎藤和干「ごぼうの党」から出馬する理由と奥野卓志との関係!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

会社経営者である斎藤和干さん(89)が参議院議員選挙『ごぼうの党』から出馬されますが、最年長ということで「時事通信社」でも取り上げられました。白寿が近いにも係わらず政治家を目指す理由を経歴から推測し、奥野卓志さんとの関係を考察します。

スポンサーリンク
目次

最年長89歳!出馬する理由は?

斎藤和干さんは来年「白寿」(90歳)のお祝いを迎えられますが、『ごぼうの党』から出馬されることで世間を驚かせています。

政治家の平均年齢55.5歳

2021年の衆院選当選者の平均年齢は55.5歳であったそうです。その中でも、最年長は自民党の二階俊博前幹事長の82歳だったそうです(時事通信社)。

2022年の参院選立候補者の平均年齢は51.7歳だそうです(時事通信社)。

そう考えますと、斎藤和干さんの89歳は異例過ぎることは無いが、平均年齢よりはかなりの高齢ということは間違いないでしょう。

「ごぼうの党」の政治戦略?

今回、「時事通信社」が、

最年長は政治団体「ごぼうの党」の新人の89歳・・・

時事通信社

と取り上げられたことが、実は『ごぼうの党』の政治戦略の一環だったのではと推測されます。

圧倒的な最年長であれば、それを紹介される際に、所属の政党の名前が記事に乗るからです。

『ごぼうの党』を最大手のメディアで宣伝してもらうことに成功しましたね。

更には、『ごぼうの党』の党首や他の候補者同様、会社経営者ですが、その経歴は群を抜いていますので、そういった経験も買われたのではないでしょうか?

斎藤和干さんの思いは?

斎藤和干さんは今年、89歳になられました。

10代の多感な時代は、戦中・戦後の「食うに困る」時代でありました。

それ故に、人が、特に子供が、食べることに困るような時代は見たくないはずです。

しかし、最近は「貧困児童」が増え、社会問題になってきています。

これに対抗する手段が、「こども食堂」ですが、国が全面的にバックアップしているわけではなく、任意団体やNPO法人に頼る形になっています。

そんな時に、『ごぼうの党』が「シンプルに笑顔と喜びを」や「食の安全を守る」といった、公約を掲げました。

「食うに困らない時代」を斎藤和干さんは願われているのではないかと推測されます。

奥野卓志さんとの関係は?

斎藤和干さんは、奥野卓志さんとはどのような関係なのでしょうか?

経営者仲間

斎藤和干さんはご職業が「会社経営者」となっていますので、『ごぼうの党』党首の奥野卓志さんと同じですね。

やはり、同じ経営者同士ネットワークで繋がっていたことは間違いないでしょう。

「銀座一徳」の会員?

斎藤和干さんは会社経営者ですが、奥野卓志さんと知り合いになるぐらいですから、ビジネスで成功なされていると思われます。

となると、成功者のみがなれる(らしい)会員制サロン「銀座一徳」のメンバーになられているのではないでしょうか?

そこで、奥野卓志さんと政治についても語り合われ、お二人の思いが同じだったとわかりあい、今回の出馬をご決心されたのではと推測されます。

余談ですが、80歳の「傘寿(さんじゅ)」のお祝いも「銀座一徳」でされたのではないでしょうか?そして、90歳の「白寿(はくじゅ)」も来年されるのでは?

斎藤和干さんとは?

斎藤和干(さいとう かずとし)さんの情報に関してですが、ほとんど公表されておりません。

プロフィール

  • 生年月日   1933年6月12日
  • 出身地    不明
  • 職業     会社経営者

現時点では、生年月日とご職業のみで、出身地や顔写真も非公開でした。

スポンサーリンク

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる