【ラグビー元日本代表】ジェイデン・トア・マクスウェルwiki経歴とチームや年収・家族を紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

バチェロレッテ2』で尾崎美紀(尾﨑)さんが選ぶかもしれない、ジェイデン・トア・マクスウェルさんですが、社会人ラグビーチーム「横河武蔵野アトラスターズ」に所属しています。元日本代表の経歴や、年収やご家族などもご紹介致します。

キャッチフレーズ「安心感、ぬいぐるみ級の男」

果たして、尾崎美紀(正:尾﨑)さんはどの男性を選ばれるのでしょうか?

スポンサーリンク
目次

横河武蔵野アトラスターズ

ジェイデン・トア・マクスウェルさんは現在、社会人ラグビーチーム「横河武蔵野アトラスターズ」に所属されています。

AtlaStars 公式サイト

社会人ラグビーは以下のように第1部から第9部まで分かれています。

  • 第1部 ジャパンラグビートップリーグ
  • 第2部 ジャパンラグビートップチャレンジリーグ
  • 第3部 ジャパンラグビーリーグワン
  • 第4部 トップイースト – A
  • 第5部 トップイースト – B
  • 第6部 トップイースト – C
  • 第7部 関東社会人リーグ1部
  • 第8部 関東社会人リーグ2部
  • 第9部 関東社会人リーグ3部

「横河武蔵野アトラスターズ」は現在、第4部の「トップイースト – A」に所属しています。

トップイースト – A」は現在5チームが所属していて、2021年は4位でした。

ジェイデン・トア・マクスウェルさんのパフォーマンスは素晴らしく、

上位リーグ(第1~3部)からスカウトされるかも

とウワサされています。

社会人ラグビー選手としての年収は?

ジェイデン・トア・マクスウェルさんは、社会人ラグビー選手、つまりは「社員兼選手」となります。

現在、27歳なので入社して5年目といったところでしょうか?

平均月収 約30万円(入社5年目の場合)
ボーナス(給与3カ月分)約90万円
ラグビー部員手当 月5~10万円   
  

この場合、推定年収

約600~660万円

と算出されます。

通常の会社員よりは高く安定した生活がおくれます。

ただ、ジェイデン・トア・マクスウェルさんは突出した実力をお持ちなので、もしプロを目指された場合は

シーズンごとの年棒(人気・成績・チームへの貢献度)
スポンサー契約料
メディア出演料

などが収入となり、トップレベルの選手だと

年収5,000万円~1億円

になる選手もいます。

さて、現在社会人ラグビー選手して活躍中のジェイデン・トア・マクスウェルさんですが、どんなラクビー人生を送ってこられたのでしょうか?

ラグビー選手としての経歴

最初はアメフト選手だった!

ジェイデン・トア・マクスウェルさんは元々はアメフト選手として来日されました。

所属していたのは、日本大学アメリカンフットボール部、通称「日本大学フェニックス」です。

「東の日大、西の関学」

と言われる程の強豪校で優勝回数も多いです。

大学時代、ラグビーへ転身!

ジェイデン・トア・マクスウェルさんはラグビー選手への転身をする為、白鴎大学経営学部に編入されました。

白鴎大学ラグビー部は全国優勝をしたこともある強豪チームです。

白鴎大学ラグビー部は「関東大学ラグビーリーグ戦グループ」に所属していて、現在は2部に所属しています。

「関東大学ラグビーリーグ戦グループ」は第1~4部と第5部がA-1、A-2、Bとあり、全部で7つのレベルで構成されています。

2部ということはかなりの強豪校ということですね。

2013年から2部に昇格しましたが、下位争いをしている状態です。

ラグビー国際大会の日本代表に選出!

ジェイデン・トア・マクスウェルさんは、2016年に国際大会の日本代表選抜に選ばれました。

白鷗大学 公式サイト

本学ラグビー部のジェイデン・マックス選手(経営学部3年)が7人制ラグビー日本代表に選出されました。
12/2(金)から開催される「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2016-2017 ドバイ大会」に出場します。
ご声援よろしくお願い致します。


白鷗大学 公式サイト

その国際大会とは、イギリスに本店がある世界有数のメガバンク「香港上海銀行」(通称:HSBC)がメインスポンサーの「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2016-2017 ドバイ大会」でした。

World Rugby

この大会では、リーグ内での戦績が0勝3敗となり予選敗退という結果に終わりました。

ラグビー国際大会の日本代表にまたもや選出!

ジェイデン・トア・マクスウェルさんは、2017年の国際大会にも、日本代表に選ばれました。

このことからも実力の高さが伺えますよね。

この国際大会は「アジアラグビーセブンズシリーズ香港2017」で、決勝戦で地元香港代表相手に19-12というスコアで勝利し、見事優勝を果たしました!

World Rugby

強豪ひしめく国際大会で、優勝した日本代表はスゴイですし、その一員として活躍されたジェイデン・トア・マクスウェルさんの実力は超一流といっても過言ではないでしょう。

ジェイデン・トア・マクスウェルとは?

ジェイデン・トア・マクスウェルさんの現在の社会人ラグビー選手としてのご活躍、そしてラグビー人生の足跡を紹介してきました。

では、彼は一体どんな人物なのか気になりますよね?

プロフィール

  • 英語表記   Jayden Toa Maxwell
  • ニックネーム ジェイ
  • 生年月日   1995年1月17日
  • 年齢     27歳(2022年7月時点)
  • 出身地    ニュージーランド・ラロトンガ島
  • 身長     183㎝
  • 体重     117㎏
  • 出身高校   Dilworth High School (ボーディングスクール:全寮制)
  • 趣味     SUPサーフィン、ゴルフ

ラロトンガ島とは?

サライ.jp

ジェイデン・トア・マクスウェルさんが生まれた「ラロトンガ島」とはニュージーランドの「クック諸島」の中にあります。

STW

非常に美しい自然に囲まれた島で、「隠れた楽園」とも言われています。

家族は?

ジェイデン・トア・マクスウェルさんのご両親は、

父親:ターリ(先祖はマオリ)
母親:トア(先祖はトンガ)

と、マオリとトンガの血を受け継がれています。

父親のターリさん

ジェイデン・トア・マクスウェルさんがお父さんの50歳の誕生日を祝っていますね。

母親のトアさん

ジェイデン・トア・マクスウェルさんがお母さんを東京ディズニーシーへ連れていかれた時の写真ですね。

両親を大事にされる方ですね。

スポンサーリンク

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる