【速報】『バチェロレッテ2』最後の2人!(第7・8話)脱落理由も紹介!脱落者まとめ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

7月21日に『バチェロレッテ2』もいよいよ第7・8話と配信されます。脱落したのはジェイデン・トア・マクスウェルさんで、最後の2人は長谷川恵一さんと佐藤マクファーレン優樹さんに。気になる尾崎美紀さん(正:尾﨑)の家族紹介はあるのか?父親も経営者だが紹介されるのか?

いよいよ佳境に入ってきましたが、改めて第1~6話の脱落者14名を振り返りつつ、最後の3名の方々の経歴などをじっくりと見ていきましょう。

スポンサーリンク
目次

バチェロレッテ2(7月7日)第1~3話

ここでは何といっても、小出翔太さんの脱落が「早いよね」という印象でしたね?

ほら貝の雲母翔太さんも視聴者には受けましたが残念でした。

バチェロレッテ2(7月14日)第4~6話

この回、特に第6話では「一番人気」の中道理央也さんが脱落するという波乱がおきました。

ただ、中道理央也さんは「匂わせミスリード」がウワサされていたので、遅かれ早かれ脱落することは大方の予想ではありましたが。

尾崎美紀(正:尾﨑)さんのお父さんは尾﨑哲也!

尾崎美紀さんのご家族紹介で、お父さんが尾﨑哲也さんだということが判明しましたね。

この方は、ノリタケTCFという会社の代表取締役であの「ノリタケカンパニーリミテド」の子会社です。

詳しくは、こちらの記事、をご覧ください。

最後に残ったのはこの三人!

長谷川恵一さん、佐藤マクファーレン優樹さん、ジェイデン・トア・マクスウェルさんの三人です。

この三人の共通点は、何とスポーツ選手という尾崎美紀さんの経営者という業界からはほど遠い職種になりますよね?

ただこの三人、最初はそれほどイメージがわかなかったのですが、よくよく調べてみると、そして放送回を重ねるごとに魅力的な人物に映り始めました。

正直、「誰が選ばれてもおかしくはない!」というレベルだと思います。

【予測】ファイナルローズは誰?次の脱落者は?

ファイナルローズは長谷川恵一か?

ただ、この三人の中に実は「経営者」の肩書を持っている方がいました。

それが、長谷川恵一さんです。

当初はプロバスケットボール選手として紹介されていましたが、現在はその経歴を活かして「パーソナルトレーナー」として独立されています。

また、顧客が有名人やアスリートとかなり太い顧客をお持ちですので、

尾崎美紀さんのビジネスとも良いシナジー効果

が期待できますよね。

となると、現状「ファイナルローズ」に一番可能性が高いのは、「長谷川恵一」さんとなります。

そして、次に残る可能性が高いのは誰でしょうか?

次の脱落者は?

佐藤マクファーレン優樹さんとジェイデン・トア・マクスウェルさんのどちらかということになります。

佐藤マクファーレン優樹さんはプロバスケットボール選手、ジェイデン・トア・マクスウェルさんは社会人ラグビー選手として活躍されています。

非常に優れたプレーヤーで安定した収入を得られているので素晴らしいことですが、ここが尾崎美紀さんが選ばない理由の一つと推測されます。

尾崎美紀さん自身がより発展を望まれていますので、ここの価値観は合わないですよね?

可能性としては、ジェイデン・トア・マクスウェルさんが、

プロ選手への夢にトライする!

となれば「可能性としては1億円プレーヤー」ですので、そのチャレンジ精神が尾崎美紀さんの心を掴むかもしれませんが。

その場合は、佐藤マクファーレン優樹さんが次の脱落者という予測になりますね。

果たして結果は?

追記:15人目の脱落者が決定

今回の放送で、ジェイデン・トア・マクスウェルさんが脱落されましたね。

非常に優しい心の持ち主で、最後まで残ってもおかしくなかったですが・・・。

ここまでくると、この方の性格や能力というよりは、尾崎美紀さんとの相性や将来的ビジョンを分かち合えるかが重要になってきます。

そういった意味で、最後まで残った二人がより尾崎美紀さんの「運命の人」に近いのでしょう。

果たして、ファイナルローズは誰の手に?

気になる脱落した理由は?

尾崎美紀さんがジェイデン・トア・マクスウェルさんを選ばれなかった理由は、

3人の内、誰かがどこか足りてないという理由では無く、パートナーとして誰を選びたいかを考えた時に、他の2人の方がジェイよりも上だったから

とおっしゃっていました。

ジェイデン・トア・マクスウェルさんは、本当に最後まで尾﨑美紀さんを支えていましたね。

去っていく時も、励ましたの言葉をかけていくなど、とても心のキレイな方だと思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる