【炎上戦略成功】生稲晃子の当選はカワイイ見た目と矛盾発言!更に安部氏推薦!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

元おニャン子クラブ会員番号40生稲晃子さんが参議院議員に当選されました。今だカワイイ見た目(昔を思い出した方)や矛盾発言、パクリ、勉強不足と大炎上しましたが結果的には注目を集めました!正に炎上戦略でした。また、安倍晋三元首相推薦も大きかったようです。

生稲晃子さんは政治に関しては素人とはいえ、自民党の選挙対策の方々がついているので、本当の意味での失態をするとは思えません(突発的な問題発言はともかく)。

となると、すべてはシナリオ通りだったのではないか?というウワサを検証してみます。

スポンサーリンク
目次

【炎上】事前インタビュー無回答で釈明も失敗!

事前インタビュー無回答!

生稲晃子さんは、6月28日の「NHK候補者アンケート」26問中ほぼ全部の22問に対して、

無回答

で提出されました。

選挙の立候補者が政治に対して考えがないのか!

大炎上しました。

ただ、26問中4問だけは以下のように回答されました。

最も取り組みたいテーマは? ⇒ 社会保障政策
憲法改正は? ⇒ 改正する必要がある
憲法9条改正については? ⇒ 賛成
憲法改正による緊急事態条項創設 ⇒ 賛成

この4問は、自民党が最も推進したい憲法改正に関するもので、生稲晃子さんはこれに対してだけ回答されました。

何か意図的なにおいがしますよね?

無回答への釈明も失敗?

この無回答という件に関して、大炎上した為、生稲晃子さんはご自身のTwitterで釈明と、その他の質問に対する回答をされました。

しかし、無回答だった事を、「事務局責任者のミス」としたことで大炎上しました。

なぜなら、生稲晃子さんは、「NHKの事前アンケート」だけでなく、「日本テレビの事前アンケート」も、

無回答

だったからです。

これだと、「事務局責任者のミス」では通らないですよね?

「日本テレビの事前アンケート」無回答については釈明無し

無回答は炎上狙いか?自民党の戦略!

生稲晃子さんは、学生時代スポーツ万能だけでなく、高校時代は学年でもトップクラスの成績をアイドル活動をしながら達成されています。

つまり、元々頭も良い方ですので、いくら政治の専門家ではないにしても「無回答」になるはずがありません。

これは、生稲晃子さんが意見が無いから「無回答」ではなく、

自民党の選挙対策委員会の戦略的アイデア

では無いかと言われています。

選挙に勝つために必要な事は、素晴らしい回答で一部のファンを付けるよりも、票をより多くの有権者に入れて頂くことです。

その為には、

特定の意見を述べることで色がついてしまい、投票しにくいイメージを付けること

がタブーです。

生稲晃子さんの最大の武器の一つである、「元アイドル」(しかも、最も有名なアイドルグループ)を生かすことです。

アイドルは正に偶像ですので、下手な知ったかぶった政治知識を語るより、見た目の美しさを前面に出す方が票は取れます。

また、実際問題、政治に関しての勉強不足はあるでしょうし、

「回答」⇒ 変な色が付く、ボロが出る
「無回答」⇒ 炎上するが話題になる

という戦略的見地から、自民党の選挙対策の方々は生稲晃子さんにあえて「無回答」とするように指示を出したとすれば納得できますね。

現に、トレンド入りして、生稲晃子さんが爆発的に有名になりましたし。

ちなみに余談ですが、今井絵理子さん(元SPEED)も6年前の選挙に出馬した際は、「無回答」でした。そして、結果は当選。

【炎上】多すぎる矛盾発言は狙ってか?

矛盾だらけの事前アンケート回答

生稲晃子さんは、事前アンケートを回答する度に答えが変わることで「矛盾だらけだ!」と炎上しました。

敵基地攻撃能力の問題
⇒ NHKに対しては「無回答」
⇒ 日本テレビに対しては「賛成」

富裕層への課税強化に賛成か? 
⇒ 毎日新聞に対しては「反対」
⇒ 朝日新聞に対しては「どちらかといえば賛成」

いや、これは正に矛盾だらけですよね?

どうも、ご自身の意見というよりは自民党の選挙対策からの指示で回答されているようです。

政治家がこんな回答をすれば信用失墜ですが、元アイドルの、しかも生稲晃子さんが言われると「ちょっとカワイイ」と感じてしまうのはおニャン子世代だからでしょうか?

矛盾する、スローガンとアンケートの回答

生稲晃子さんのスローガンは、

誰もが働きやすく、自分らしく生きられる国へ

を掲げておられます。

それに対して、「NHKの事前アンケート」(再提出版)では、

同性婚の賛否に対して、「反対」と回答

されていることから「矛盾」していると炎上しました。

まあ、「自分らしく生きられる」を「同性愛も隠さなくていい」と捉えている場合は「矛盾」ですよね?

ただ、「同性婚」は法制度の話なので、

「同性愛」が普通の社会 =「同性婚」OK

というのは若干の飛躍を感じます。

まあ、矛盾をフォーカスする為に「あえて注目した」と言えますよね?

矛盾する、スローガンと支援団体

ご存じのように、生稲晃子さんは5度の乳がんと闘われました。そういった経験から、

「ガンから国民を守る」

というスローガンを一番に掲げておられます(素晴らしいことです!)。

ただ、生稲晃子さんの支援団体の中には、

「全国たばこ販売政治連盟」

があります。

生稲晃子さんは演説の中で、ご自身のガンとの闘病生活の話を感情的に訴えて人気を得られました。

つまりは、ガンになる可能性があるタバコに対しては反対の立場のはずだとして「矛盾」していると炎上しました。

ただ、自民党の立候補者の多くは、「全国たばこ販売政治連盟」の支援を受けていますので、生稲晃子さんに選択の余地があったとは到底思えません。

この「矛盾」も揚げ足取りか、話題作りの為にあえてフォーカスしたと思われます。

【炎上】アンケートの回答が丸パクリ?

生稲晃子さんが、7月5日の「東京新聞社のアンケートの回答」が、別の候補者である朝日健太郎氏の回答と似すぎていて、

丸パクリ!

と言われ炎上しました。

ただ、回答の内容は自民党選挙対策委員会が準備した「模範解答」であり、テンプレートのようです。

これを使用するようにアドバイスされていたとしたら、「丸パクリ」というよりは「過剰引用」というレベルではないでしょうか?

だいたい、元アイドルが政治家という時点で、誰も専門家のような回答を期待していないはずです。

ただ、もうちょっと自分らしい文章に修正するべきだったと、生稲晃子さんのアドバイザーは反省すべきでしょう。

しかし、これも炎上したおかげで「知名度は爆上がり」したので、戦略としては大成功でしたね。

スポンサーリンク

にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる